スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

はたらきたい?

皆さま、こんにちは。
プロバンクのお局コーディネーターこと岸波です。

さて、ジョブティック・スタイル、私的第1回目・・・からの、このタイトル。

『明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE』なんてサブタイトルをつけたのだから、
ここからはじめてみたい。いや、むしろはじめるべきだ!という強い気持ちでこのテーマをお送りします。

さて、皆さま。はたらきたいですか?

「はたらきたい?」と問われて、
イチもニもなく「もちろん!」と即答できたアナタ!アナタはとってもラッキー☆
やりたいことや目指すものにめぐり合えた、とても幸運なひと♪

一方で、「はたらきたい?」と問われて、

はたらきたいけど・・・。

即答はむずかしかったアナタ!アナタもとってもラッキー☆

「はたらきたいけど・・・」に続く言葉こそ、私たちが聞きたい言葉なんです。

「・・・」に入る言葉、それが「どんなはたらき方をしたいか」につながるからです。

たとえば、「ほんとうは家庭を優先したい」、「ボランティア活動も続けたい」、
「希望ぴったりの仕事が見つからない」、「そもそも何が自分に向いているのか分からない」などなど。

はたらくことは大事なこと。分かっちゃいるけど、
「バランスの良いはたらき方」や「やりがいのある仕事」を見つける旅に
1人で出かけるのは、けっこう大変。

JOBOUTIQUE(ジョブティック)は、
「いまのわたしにちょうどいい仕事」を叶えるためにうまれたサービスです
(まあ、なんて宣伝的!!笑)。

さて、皆さま。どんなはたらき方をしたいですか?

ぜひ、私たちに聞かせてくださいね!

オススメのIDEA-MAGAZINE

学歴は差別か?

text by Daichi Kiryu

「習慣」

text by Masahiro Kitamura (CEO)
PAGE TOP