スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

出会いと別れ~弥生編~

プロバンクのお花見大好きマンこと大山です。
東京ではさくらも開花しまして、今週末~来週くらいが見頃になりそうです!

コロナになる前は都内の名所と言われる井の頭公園や目黒川などで宴会や食べ飲み歩きなど、私もしていましたが、今年もそういったことは難しそうで少し残念ですね。
穏やかにお花見を楽しみたいなと思います。

さて、今回は出会いと別れの季節3月です!
転職活動での職場見学や面接、転職・部署異動などで、初対面の人と会う機会も多いと思いますので、気を付けたいポイントなどについてお伝えしてまいります。

・服装ははじめ無難に、清潔感をもって
最近はドレスコードがゆるめな会社も増えてきたので、新たな職場だとどういった服装までが許容されるのかわからない。という声を聞くことが多いです。
もちろん事前に聞いていただいて問題ないと思いますし、服装自由な会社だとわかっていたら特に気を遣う必要はそこまで無いと思いますが、わからない場合は男女ともにジャケット着用もしくはスーツが無難でしょう。
また、服装自由な会社といっても最低限清潔感は求められますので、服のシワやヨレには注意です。

そして最近意外に多いのが、コロナ渦であまり外出の機会が無かったことから、スーツやシャツや革靴、カバン、髪型など面接用の手入れや準備が出来てなかった。というお話を聞くことがあります。応募してすぐに急遽明日面接を!といった事もありますので、転職活動を始められる際にはその辺りも準備が必要です。

その他にも面接では、話し方や姿勢、身体の動きで人柄や落ち着きを見ている面接官も多く、初対面において外見は重要な要素ですが、初対面は相手が誰であれ、あくまで対等な立場であるというのはお伝えしておきたいです!仮に面接という場であっても、「こちらもあなたを審査していますよ~」くらいの心持ちでいくとリラックスしてのぞめるかなと思います。

・相手の話を聞こう。ポジティブな反応をとろう。
相手が話をしているときに自分が次に何を話そうか考えている人っていませんか?
それ、話している側は気づいているのでやめましょう!せっかくあちらが話をふっているのに、元々自分が考えた話題を話し始めるので、会話がキャッチボールにならないです。
これは自分のことや意見を伝えたいという思いが強い人に多いのですが、相手の会話中は聞くことに専念して、思いついたことは会議中などであればメモを取り後で発信する。といった対応が良いと思います。

また、相手の発信をまずは受け入れる、ポジティブな反応を取る、ということも関係を築く中で大切なことだと思います。仮に自分が誰かに相談をしようと思ったときに、なんでも否定から入る人より、まずは話を聞いてくれる人に相談をしたくなるはずです。
もちろん全て受け入れる必要はなく、関係性が築けてきたら、意見が合わないものには否定することや別の案を伝える、というのが良好な関係ですので、第一歩として意識してみてはいかがでしょうか。

 

以上となります。
今年も早いもので3ヶ月が過ぎようとしていますが、北京五輪、ウクライナでの戦争、東北での地震、電力不足、と激動の1年間になるのですかね・・・。世界が平穏であることを願います。

それでは今年度もありがとうございました!
来年度もよろしくお願いします!!

オススメのIDEA-MAGAZINE

「おひとり様」

text by Masahiro Kitamura (CEO)

キャリアダウン

text by Sachiko Aihara
PAGE TOP