スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

2021夏~それでも平常心~

蒸し暑くなりました。
文月が終わり葉月になろうとしている今日このごろ、いかがお過ごしでしょう。
台風も来ていたりしていますね。

さて、本来でしたら昨年2020年に開催予定だった、オリンピックが今年2021年に延期して開催されることで盛り上がっているところでしょうけれども、実感が全く湧きません。
正直、ネットニュースやニュースアプリのプッシュ通知で、「あ、この競技やってたんだ」「へー金メダルとったんだ」と知るくらいです。

他の国での開催であっても本当であれば、職場の仲間や家族と集まって、テレビや、スポーツバーの大画面に流れる映像をみて一喜一憂してたのだろうな、、と。

開催にはこぎ着けたものの、新型コロナ感染予防のため無観客での開催で、湧き上がる心もダダ下がり、経済効果もだだ下がり。
近年の日本はインバウンドによる利益が大きく、それが少し下火になって来たところを、オリンピックで回復させられるという思惑がガッツリとはずれてしまいました。
コロナ禍だからこそ、思わぬ恩恵に預かっている業界や人もいますが、それも一過性のものに過ぎません。

その時々の状況、環境に一喜一憂して振り回されていても、本当に意味ある未来にはつながらない。
異常な状況だからこそより、仕事でも、普段の生活でも、平常心で愚直に「できること」をやる事が必要と個人的には考えています。

ただ、状況を長引かせないためにも、個々人が意識して基本的な予防対策を徹底する事は必須。
手洗い・うがいの実施!
電車の中や、オフィス内など、公共の場所ではマスクを着用し咳エチケットを意識!
大切です。

今はただ、オリンピックに出場する選手はもちろん、開催運営に関わる方々、そしてバックアップしている医療機関の方々の健康が害されない事、そして選手皆さんの健闘を祈るばかりです。

オススメのIDEA-MAGAZINE

「習慣3」

text by Masahiro Kitamura (CEO)

コトバの力

text by Sho Oyama
PAGE TOP