スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

大人気のテレワーク!いつまで続くの?いや、いつまでも??

こんにちは。大山です。あっという間に夏が終わってしまって秋ですね。

突然ですが7月から実家を離れて暮らしています。
前回30歳成人説という記事を書かせていただいて私自身も何か新しいことを始めようと思い切ってみました。

いやーしかし楽しいことも多いですが生活をするって大変ですね・・。
今までどれだけ親に甘えていたか30歳にして実感しております。母ちゃんに感謝です。

さてそんな今回ですが、すっかりお馴染みとなったテレワークについて話をさせていただきたいと思います。

弊社も4月上旬よりテレワークが始まり5月までは原則100%テレワーク、6月からはテレワークと出社を組み合わせる形でここまで業務に取り組んでいて、恐らく今後もしばらくは同じように進めていく方針です。

そんな中、最近ニュースにもなっていましたが、みずほフィナンシャルグループが従業員の25%(約3000人)を常にテレワークにするのに加えて首都圏9箇所にサテライトオフィスを設けて従業員が自宅近くで安心して効率よく働ける環境整備やデジタル化による窓口業務の削減といった方針が打ち出されました。

従業員の安全確保や各種費用の削減というところが背景のようですが、PRや今後の採用という視点でいうとかなり効果が高いのではないかと思います。
実際に派遣スタッフさんの募集&面談を担当するコーディネーターに話を聞くと、ほぼ同じ条件同じ職種でテレワークの制度がある企業とない企業ですと、制度がある企業の方が2倍~3倍も応募数が多いという結果が出ていていかにテレワークというワードが、いま人気が高いかがわかります!

私も企業側からご相談を受けた際には、そういった情報はお伝えしておりますが、入社してすぐにテレワークは難しいというお声などいただきまして、確かにその通りだと思います。

ですので、「テレワーク制度あり」「2~3ヶ月経過後にテレワーク可能」という文言を募集時に入れるだけでも変わるとおもいますので是非ご検討ください。

テレワーク制度がない会社は・・・始めてみてください!!

それでは今回は以上です。

次回は12月になります。
早くも我が家の羽毛布団君には出勤していただいていますが、どんどん寒くなってきますので皆さんご自愛ください。

オススメのIDEA-MAGAZINE

学歴は差別か?

text by Daichi Kiryu

「習慣」

text by Masahiro Kitamura (CEO)
PAGE TOP