スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

人は見た目が一番!~まずは口角を上げて

若干語弊のあるタイトルですが、世間で言われるような
イケメンである必要はないですし、モデルさんの様なスタイルで
ある必要はありませんが、本当にそう思います。

まずは見た目。

そう思う時というのは、「はじめまして」の瞬間
紹介会社との面談や、企業との面接の時です。

多少無愛想であったり、寝癖のついた頭であっても、
必要なスキルさえ揃っていれば問題ないと思われるかもしれませんが、
そうではないのが現実です。

面接官も同じ人間ですから、その人なりの感覚も持ち合わせていれば
好き嫌いもあるでしょう。
能力はあっても、第一印象で面接官から
「なんでこの人は面接にきて怒った顔しているのだろう?」
とか
「なんだかだらしがない格好をしているな」
と思われてしまうと、その瞬間に終わってしまうことも少なくありません。

わたしのお会いした方で、
非常に高いスキルをお持ちの方がいましたが
いかんせん、入り口の面接がうまくいかずに苦労することが多い。
いくら営業担当が推薦時や面接時に
「こんなことが出来て、前の職場からもこのような評価で、、」
と言っても、なかなか合格にたどり着かないということがあります。

企業側からのコメントでは、「コミュニケーションがとりにくそう」
「何を考えているかイマイチつかめない」
だから(同等のスキルであれば)他の人に決めたいと思います。と。
その方、一言でいうと無愛想で言葉足らずなところがあるのです。

むやみにヘラヘラと笑っている必要はないと思いますが、
初対面で口をへの字にむすんで、表情変化無く話すよりも
時折微笑みが出るくらいに話しが出来る方に好印象を持つのは
当たり前ですよね。

人の顔、表情というのは日常的にどのような顔をしているのかで
決まって来てしまうものらしいです。

よく、人の顔について「あの人何かいつも怖い顔しているよね」
とか「いつも笑っているよね」とか言っていることでありますよね。
いつも怒っていると地顔が「怒った顔」になるそうです。
笑いシワ、怒りシワのせいでしょうかね。

転職がなかなかうまくいかないというあなた。
面接官に好印象を持ってもらうためにも、常日頃から笑顔でいる事
なんでも良いです。
この人と一緒に働くと楽しそうだな、うまくいきそうだなと感じさせる様に、
自分の地顔が笑顔になれるような事に、常日頃から積極的に触れてみましょう。

笑う門には福来たるとはよく言ったものです。

オススメのIDEA-MAGAZINE

アナログですから

text by Tomoko Teguramori

⬜いアタマよ⚪くなれ

text by Mayumi Kishinami
PAGE TOP