スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

十分な睡眠取ってますか?

皆さんこんにちは。プロバンク営業担当の永田です。
いよいよ夏本番という気温が続いていますね!
毎年この時期になると夏ってこんなに暑かったっけと思い返しております。笑
食欲も無くなりがちですが、夏こそしっかり食べて暑い日を乗り越えていきましょう。
さて、今回のジョブスタでは、
睡眠に目を向けていきたいと思います。

 

人生の三分の一は寝ているというくらい
人が生きていくのに必要不可欠な睡眠ですが
どうしても寝不足気味になってしまいますよね。
とはいえ、どれくらい寝ればいいの?と考える方もいらっしゃると思います。
良く言われるのは6~7時間です。

 

■短すぎても長すぎても健康に悪い
米アカデミー・オブ・スリープ・メディスンが行った45歳以上の5万4千人を対象に行った調査で、
睡眠時間の長さと健康の関連が明らかになりました。
普段6時間未満の短い睡眠時間しかとらない人は、7~9時間睡眠をとっている人に比べて、
心臓疾患や脳卒中、糖尿病患者の割合が多いことがわかったのです。
さらにこれは、10時間以上の長時間睡眠をとっている人にも、同様の傾向が見られることがわかったのです。
これまで睡眠時間と健康に何らかの関連があることはわかっていました。
しかしこの調査結果から、糖尿病などの慢性的な病気について医師は、メンタル面や体重に加えて睡眠時間についても、今後指導していくことが重要になるでしょう。
(出典:寝不足も寝すぎもNG!重い病気リスクを伴う最悪な睡眠時間とは | 美レンジャー)

そうなんです。
短すぎる睡眠は言わずもがな、長すぎる睡眠も健康に悪いんです。
お休みの日などついつい寝すぎてしまう人も多いのではないでしょうか。
かく言う私もあまり言えないのですが、、、笑

睡眠はバランスが重要!

という事なんですね。
やらなきゃいけない事、やりたいことをするために
不足しがちな睡眠ですが、体調を壊してしまっては元も子も有りません。
心当たりのある方は今日から少し意識を変えてみてはいかがでしょうか。

オススメのIDEA-MAGAZINE

学歴は差別か?

text by Daichi Kiryu

「習慣」

text by Masahiro Kitamura (CEO)
PAGE TOP