スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

誰にでも起こりうる、他人事ではないコト 仕事と介護

不本意ながらも、働きたい働かねばと思っていても
制限されてしまう状態があります。

それは自分、あるいは肉親、身内が何かしら関与しなくては
ならない結婚、出産、育児、そして介護。

ご家庭の状況によっては、これらの事をきっかけに今就いている
仕事を辞めざるを得なくなることもあります。

未来を考えられる「育児」であれば、多少厳しい状態にあっても頑張ろう
という気持ちも湧きやすいですが、正直、「介護」となるとどうでしょうか。
あれもこれも頑張ろうと気持ちを奮い立たせるのは難しい気がします。

最近、わたしが担当していた方が肉親の介護で身動きが取れなくなり、
仕事を一時中断することになりました。
デイサービスなど利用可能なものは、何とかやりくりして利用しては
いるものの、親戚は遠方で頼ることが出来ずと言う状態。

当面は生活できるだけの蓄えはあるそうですが、介護費、治療費、
検査費などでお金は出ていく一方です。自分の生活費だってかかりますので
やはり少しでも収入の確保が必要になります。
でも仕事が出来ない。

ヒト事ではありません。元気元気といっていても、親だって人間です。
いつ何時どうなるのかは、誰にもわかりません。

介護が原因の離職は年間に10万人以上にのぼります。
これから減ることはなく増える一方です。

もし介護で収入を得にくい状態になったら、
いまの働き方のままの生活を送ることが出来るのかどうか。
不安しかありませんね。

しかし
不安に思う前に、
働ける時に働けるだけ働いて
蓄えられる時に蓄えて
介護サービスをめいっぱい活用出来る体力をつける
=お金で解決出来るものはお金で解決出来るようにする

そうできれば、介護が自分の身に降り掛かっても
今と同じような働き方、生活を多少なりとも保てる様になるでしょう。

親戚や他人に何を言われても良いと思います。
割り切って、お金で解決できるものは、お金で解決する。
そうしなければ、その先のお金も生み出すことが出来ず、
誰も幸せになれません。

そのためにも、今の自分の働き方を見直してみて下さい。
「今」楽ばかりを考えて仕事をしていませんか?

オススメのIDEA-MAGAZINE

アナログですから

text by Tomoko Teguramori

⬜いアタマよ⚪くなれ

text by Mayumi Kishinami
PAGE TOP