スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

プロバンク安全衛生委員会便り ~春~

こんにちは。プロバンク安全衛生委員会、委員の大山です。

突然ですが、プロバンクでは安全衛生委員会というものが実はありまして今回は何をやっているのか、また現在課題になっていることについてお話させていただきます。

まず何をやっているのかという部分ですが、月に1回社内美化や社員の健康管理、働きやすい環境作りといった毎月のテーマに沿った話し合いをしております。
また、2ヶ月に1回は産業医の方も交えて、より専門的なアドバイスを受けながら具体的な施策を講じています。

-これまでのテーマとしては-
・健康診断やストレスチェックについて
・コロナ対策(テレワークの実施、飛沫防止シートの設置、手洗いの徹底、換気、非接触型体温計・温湿度計の購入、宴会や飲食に関する注意喚起)
・テレワークによる運動不足対策
(毎朝ラジオ体操の実施 ←オススメです!かなり続いています!※第2までを推奨)
・花粉症対策
・年末年始暴飲暴食対策
・社内不用品の処分
などなど・・。

また、上記のような身体面での健康に加えて精神面の健康や働き方についても話し合いをしていて、テレワーク開始後ずっと課題となっているのがテレワーク中のコミュニケーション不足やコミュニケーションの取り方に関してです。
これは社内でもそうですが、派遣先さんやスタッフさんからも同様にご相談受けることが多くあり下記のような課題を感じている方が多いようです。

・他の人が何をしているのかわからないので気軽に話しかけづらい
・文章でのやり取りが多いので相手の感情が判りづらい
・周りの自然な会話の中から得られるビジネスチャンスが減ってしまった
・雑談不足、単純に寂しい、孤独を感じる

 

プロバンク社内ではzoomやslackを使用することで自分のかかわる業務に関することは円滑に進めることができていますが、たしかに相手の感情が判りづらいというのは私も感じることがあります。(特に文章でのやり取りのさいに)

個人的に社内での文章のやり取りの場合は、「ありがとう」を普段の2倍くらい使用するようにする。
「!」や「~」などを使用して文章を鋭くしすぎないようにする
など相手に冷たい印象を与えないように気をつけています。

そんなことで個人的に気をつけていることはそれぞれの方あるとは思うのですが、うちの会社ではこういうことしてるよ!これしたらみんな仲良くなって業務効率も上がった!
といったことがあれば是非教えてください。

新年度ということもあり新たな方との出会いも多くある時期ですのでコミュニケーションについて一度考えてみてはいかがでしょうか。

オススメのIDEA-MAGAZINE

副業

text by Daichi Kiryu

「習慣2」

text by Masahiro Kitamura (CEO)
PAGE TOP