スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

転職に成功する人のたった3つの特徴

こんにちは。
入社後、12回目の春を迎えました。
桐生です。

本日は休暇先の大分県別府のホテルにて本記事を執筆。
まるで偉大なる作家のようだ、、、と厚顔無恥でお届けします。

 

今まで、多くの方々の転職という人生の節目をサポートさせていただき、
素晴らしい学歴や一流企業のご経歴をもった方ともお会いしてまいりました。
しかしながら、学歴や経歴だけで、「転職が成功する!」とはいえないのが世のセオリーです。

そこで、今までの面談などを通じて、この人は転職がうまくいくだろうな(実際にうまくいった方々)、
と思った方々を思い出しながら、『転職に成功する人の特徴』を考えてみました。

 

1. 対応速度
2. 採用側目線
3. 事前準備

 

以上の3つです。
もちろん、他にも必要な要素はたくさんあると思いますが、まずこの3つは重要なポイントです。

 

〈対応速度〉
求人は生ものです、というお話ではありません。
応募~内定に至るまでのメールや電話でのやり取りが早い方、つまりレスポンスが良い方、こういう方は本当の意味で仕事ができる方が多く、選考に入るまでも早いため、タイミングを逸することが少なくなります。
1日2日の遅れで、他の候補者様で決定されるケースも稀ではありません。

 

〈採用側目線〉
自己PRの仕方に違いを生む方法です。
募集内容やエージェントから話しを聞く中で、採用側(=企業)が自分を採用したほうが良いメリットをしっかり考えて、伝えていくことです。
これは志望動機を書く際だけではなく、実際の面接においても、採用する側にとって、自分の職歴のどこに興味を持ったのかをしっかり意識して話す目線を持てるか、ということです。
相手の欲することを伝える、ということです。言葉は簡単ですが、ものすごく難しい…。

 

〈事前準備〉
ある方は、面接対策(1次面接時点)として、7ページの資料を作ってこられた方もいらっしゃいます。その方は、企業概要以外にも、プレスリリースや企業SNS、社長インタビューなども含めて事前に調べ、かつ面接で聞かれる可能性のある質問を考え、その答え方まで準備されていらっしゃいました。
また、ある方は、面接当日に、プレゼンテーション資料をお持ちになっておりました。形式は簡易なものでしたが、自分が入社した際にどのような貢献ができるのか、戦力になれるのかというものを、採用企業向けに作成されてこられておりました。
さすがにそこまでは、と普通は思いますが、そこまでするからこそ、採用する側も驚き、採用の可能性を大幅に引き上げるのです。
熱意に勝る者なし、といったところでしょうか。私も正直驚きました。

 

以上に挙げた3つを満たしていなくても、もちろん転職に成功する方々は多くいらっしゃいます。
ただ、今までの転職活動がなかなかうまくいっていない方がこの記事をご覧になられていらっしゃいましたら、是非ひとつでも実践していただけると、転職の可能性は確実に引きあがります。

数%でも成功確率を上げること、その方が持っている能力を少しでも引き出すこと、が我々エージェントの役目でもありますので、お困りのことがなくても、是非ご相談ください。

桐生

オススメのIDEA-MAGAZINE

アナログですから

text by Tomoko Teguramori

⬜いアタマよ⚪くなれ

text by Mayumi Kishinami
PAGE TOP