スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

「はたらく」というTPO

みなさん、こんにちは。

先日、とある公立小学校での“標準服”がちょっとした騒動になっていましたが、いかがお過ごしでしょうか?

小学校の6年間は完全なる私服で過ごした身としては、標準服のブランドや価格よりも

『小学校で制服があるなんて・・・!』という事実に衝撃を受けた、プロバンクの色黒担当コーディネーター

手倉森です。(注:制服ではなく標準服です)

 

自分の幼い頃を振り返ってみると、やれワンピースだ、プリーツスカートだ、セーターだ、と

その日の気分で好きな服を着ることができた反面、振り回される親はさぞ大変だったことでしょう。

 

さて、みなさまは普段どのように服を選んでいますか?

 

外出するときは毎回このコーディネートで!

と堅く決めている人もいらっしゃるかと思いますが、多くの方は

どこに行くのか?誰と会うのか?その日のお天気は?

など、「時」と「相手」と「場所」に合わせて選ぶことが多いのではないかな、と思います。

 

でも

「明日はこの服で出かけよう!」

と事前に準備をしていても

思ったよりも暑かったり、寒かったり、雨が降っていたり

予定通りにならないことも、多々あるもの。

そんなときには、思い切ってコーディネートを変えること、ありますよね。

 

日々たくさんの方にお会いしてお話を聞いていると

「お仕事も同じだな」と、しみじみ思います。

バリバリ働いていた方が『子育てに無理のない範囲で働きたい』とおっしゃったり

異動した先で新しいお仕事が楽しくなって、結果的にキャリアチェンジすることになったり。

 

何かと予想外の出来事が多いのが人生、ではありますが

そんな人生をより良く、楽しく、充実して過ごすために。

「はたらきかた」を探すお手伝いができたら良いな、と思いながら

今日もプロバンクで、お待ちしています!

オススメのIDEA-MAGAZINE

学歴は差別か?

text by Daichi Kiryu

「習慣」

text by Masahiro Kitamura (CEO)
PAGE TOP