スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

英語スキルを身につけるには?

皆さま、こんにちは。
プロバンクのお局コーディネーターこと岸波です。

いつ頃からか、通勤電車の中などで
東京オリンピック2020のPR用バッジを身につけている人をよく見かけます。
(https://www.2020games.metro.tokyo.jp/taikaijyunbi/kanren/pr_badge/index.html)

東京での開催が決定した時は、まだ先・・・と思っていたのに、
いつの間にか開催まで1,000日を切っており
来年にはオリンピックに向けたボランティアの一般募集もはじまるそうです。

来年からは、小学校での外国語教育も義務化になるそうで、
「英語ができないと!」と日本全国が思っているように感じます。

 

とはいえ、英語をはじめとする外国語のスキルって、どうしたら身につくのでしょうか?
留学?ワーホリ?英会話スクールに通う??
特別、英語が好きだったわけでもなく、海外に関心があったわけでもなく、
日本国内だけで生活してきた人にとって、
「英語を話せるようになる」には何やらものすごく高い山に挑むような
気合が必要な気がするのではないでしょうか。

なんでこんなに難易度が高く、しかも一朝一夕では身につかないのだろう。
という積年の疑問が、先日ある人との出会いによって、ついに解明されました。

 

その人(男性)は、「外資系企業の方が高給取りになれそうだ」という理由で、
学生時代から英語の勉強はしていたそうです。
そして、まんまと外資系企業に入社し働きはじめるのですが、
そこで縁あって海外支社に勤務している女性に仕事を教えることになりました。
彼女も英語がペラペラなので、コミュニケーションに不都合はないのですが、
彼はみるみるうちに、現地語を身につけてしまいました。
それはなぜか?

彼女に恋をしたからです。

「彼女の国の言葉で彼女とコミュニケーションをとりたい!」
その一心で彼は瞬く間にその国の言葉を覚えたというのです。
恐るべし、恋の力。

 

ではなくて。
「その人と話したい」という動機こそが
語学力を身につけるカギになるのでは、と思ったのです。

そういえば、自分自身も必要に迫られていたときはムリヤリでも使えていたのに、
必要に迫られなくなった今ではサッパリになってしまいました。
「この人と話をしなければ!どうしてもコミュニケーションをとりたい!」
そんな強い気持ちがあれば、語学って身につくのかも知れません。

ところで、社内で流しているラジオからは、
「聞き流すだけ」でおなじみの英語教材のCMが毎日流れています。
弊社の社員が英語ペラペラになる日も、もうすぐそこ、のはず。笑

オススメのIDEA-MAGAZINE

学歴は差別か?

text by Daichi Kiryu

「習慣」

text by Masahiro Kitamura (CEO)
PAGE TOP