スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

理想の上司って、なんだろう?

みなさま、こんにちは。

「目指せ!電話対応好感度No.1☆」のコーディネーター:手倉森です。

 

今回のお題は『理想の上司』です。長塚京三さん主演でヒットしたドラマのタイトルですね。

共演されていた石田ゆり子さんは、現在話題のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』にも出演されています。

 

・・・話が逸れましたが、みなさまの“理想の上司”はどんなタイプですか?

 

2年ほど前にマイナビさんが行なった、こんなアンケートがあります。

【部下の悲願! 尊敬する上司の下で働きたい「理想の上司像の条件」はたった3つ】

http://woman.mynavi.jp/article/140526-9/

 

理想の上司像の条件は“たった3つ”なのだそうです。

“たった3つ”です!

 

  • 責任感:頼りがいがある、部下を守ってくれる、フォローをしてくれる、など
  • 部下をよく見てくれている:話をよく聞いてくれる、褒めるのがうまい、など
  • 包容力:感情的にならない、しっかり面倒をみてくれる、大らか、など

 

ご自分の理想像と比較して、いかがでしょうか?

ワタクシ、この3つの条件には思わず頷いてしまいました。私が思う『理想の上司像』、まさにそのものではないですか…!

 

でも、ふと気付いてしまいました。

コレ、「上司」ではなく「同僚」に置き換えることもできるのでは?

改めて読み返してみると「部下」を「同僚」や「メンバー」に置き換えても、しっくり馴染みます。

自分の仕事はきっちりとこなしつつ、同僚が困っていそうなときには声をかけ、良いところを認め、切磋琢磨する。

 

むむむ…普段の自分ができているか?と考えると思わず下を向いてしまいそうです。

忙しいときは特に、相手の立場や状況などが見えなくなりがちなもの。1日の大半を過ごす職場だからこそ、良い関係性や信頼、チームワークを大切にしたいですよね。

そのためにも、今からできることを少しずつ!頑張っていきたいものです。

 

ちなみに、今年の新入社員に聞いた「理想の上司」ランキングがこちら。

http://www.sanno.ac.jp/research/jousi2016.html

(引用:学校法人産業能率大学「2016年度新入社員の理想の上司」)

 

ドラマでリーダーを演じることが多い俳優さんやスポーツのキャプテンなどがランクインしていますね。

来年はどんなランキングになるのか?こちらも楽しみにしたいと思います!

オススメのIDEA-MAGAZINE

副業

text by Daichi Kiryu

「習慣2」

text by Masahiro Kitamura (CEO)
PAGE TOP