スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

副業

こんにちは、桐生です。
9月も終わりに近づき、2021年10月より当社は24期を迎えます。
23年目の最後のジョブスタを書かせていただきます。

最近といってももう少なくとも5年ほど前から、「副業」を中心にダブルワーク(兼業)、複業、フリーランスなどの新しい働き方が注目を集めています。
ライオンやダイハツ、Yahooなどの大手企業や地方自治体が、副業人材を募集するという記事を観られた方も多いのではないかと思います。

ひとつの仕事(会社)に縛られず複数の仕事を個人で受けて対応する=さまざまな収入源がある、働き方であり、未来の働き方のイメージです。

※『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』でも未来の働き方は、まさにこんな感じです。
かっこいい働き方ですね。
https://book.toyokeizai.net/life-shift/#lineup

一方で、私のようにふつうの人(特に大手企業にいるわけではなく、かつエンジニアのような技術的な専門性があるわけでもない…)は、本当にそんなことができるのか、という焦り?不安?なども多く抱えているのではないでしょうか。

「副業」とGoogle検索をすると
「【初心者向け】おすすめの「スマホ副業」8選。安全な始め方…」
「【目標に合わせて稼げる副業20選】本業の収入を超えることも …」
「【副業】1日2時間で月収30万円 – テレビ番組やCMでも話題」
など、マジか…と思うサイトが山のように出てきます。
これがWEB検索の1ページ目に出てきますので、なかなか怖いですね。。。

最近では、クラウドソーシングサービスでのスキルを提供するサービスも多くありますが、なかなか食べていけるだけ稼げる人は多くないようにも思えます。

その中で、私があるフリーランスの方とやり取りする中で、可能性があるなと感じたのは本業をやりつつ、新しい道やスキルを副業で試していくやり方です。

そのフリーランスの方は、現在は事務職で、以前は営業職や少しITのこともやられていたようですが、特別何かに強いわけではなく、将来に不安を持っていたとのことでした。
会社との関係性もそこまで良くなく(リストラになるかもという状況もあったようです)、将来のためにも何か専門性をつけないと思い、自分で勉強して少しずつエンジニアの経験を積んでいるという方でした。
副業を次のキャリアにつなげるという発想は非常に良いな、と感じたお話しでした。

長くなりましたので、私が思う副業のやり方を最後に。

 

まず本業は辞めず、が前提です。
自分のスキルや経験の棚卸しをして、何か人に教えられることや手伝えることがないかを考えてみます。

自分としては「こんなことできても、知っていても仕方ない」というスキルや知識が意外と他人からすると役に立つケースもあるので、まずは趣味なども含めて棚卸をしていきます。
また、これから伸ばしたいスキルという点でも良いかと思います。

こういうスキルや知識をつけていきたいから、始めは安い料金でも仕事受けますよ、というスタンスであればお願いする人もお願いしやすいので、経験をつけるための機会だと捉えて行けばよいと思います。一方で、そのスキルや知識を誰も求めていなければ依頼はありませんので、そこに現状はニーズがない、または専門性に欠けるのかも知れません。

世の中でよく目にする副業は、転売やアフィリエイトというものが多く、なんとなく手が出しにくいと思っている方も多くいるかと思いますが、

まずは自分の好きなこと得意なことを洗い出してみて、人に教えられるな、ということをクラウドソーシングのサービスを使って出品してみること。

また、経験はあるけど興味の分野があれば、取り組んでみながら多少ふつうの人よりできることが増えれば、それもサービスとして出品してみること。
で、確実に自分の幅を広げることに繋がっていくと思います。

それでは、また24期でお会いしましょう。

桐生

オススメのIDEA-MAGAZINE

副業

text by Daichi Kiryu

「習慣2」

text by Masahiro Kitamura (CEO)
PAGE TOP