スペシャルコンテンツ

明るく楽しく働くためのIDEA-MAGAZINE

暇です・・・。休日の自宅での過ごし方5選!!

こんにちは。大山です。

突然ですが、ここ最近休日がとてもとても暇です。
普段TVドラマをあまり見ない大山が『テセウスの船』を欠かさず見るくらい暇です。

 

いや~まさかの結末でしたね~。

 

ハラハラ感は毎回ありますが、謎解きの要素を視聴者にあまり与えないサスペンスという不思議な感覚でした。

 

さて話がそれてしまいましたが、なぜ暇なのか?

そう、にっくきコロナのせいです。

 

ここでも何回か書きましたが、私の趣味はスポーツ観戦です。
野球とサッカーのシーズン中は土日どちらかもしくは土日両方がその予定で埋まっていることが多いですが、現状すべてキャンセルとなっています。

仕方ないことだとは頭で理解していても、やはり自分の好きなものを制約されるということは心の豊かさは失われていくもので別のことで私生活を充実させようと思う日々。

今回は私と同じような苦しみを持つ方にもおすすめできる、自宅での休日の過ごし方を共有させていただきます!

 

1、 読書をしてみる
気軽なようで実は時間がないとできない!
最近はTwitterなどSNSで情報収集する人が多いですが、SNSで数万RTされてバズったようなお役立ち情報が、本や雑誌では1冊の中にいくつもあると思います。
今回の影響もあり電子版で無料で読める本も多くあるので是非この機会に。
ちなみに、本屋で仕事をしている知人に聞くと、最近本を買う人が増えているようです。
コロナで休校になったことで参考書などが売れたということもあるようですが、読みたいけど時間がなくて読めないという方もたくさんいたのかなと個人的には思います。

 

2、 YouTubeを見てみる
実はためになる!そして無料!
YouTubeといえばヒカキンさんやはじめしゃちょーさんなどエンタメ系のものをイメージされる方が多いかと思いますが、実は教育系や投資系、政治系などの解説動画を投稿している人も多く、小難しい話題を動画で判りやすく説明してくれます。
個人的におススメなのはディスカバリーチャンネルさん。サバイバルの知識が身につきます。
ただこちらは「気づくと朝だった」ということがありますので注意が必要です。

 

3、 Netflixに加入してみる
映画や海外ドラマ、アニメ好きにおすすめ!
既存の映画・ドラマ・アニメやNetflixでしか見れないオリジナル作品も多くあり気軽さとクオリティ両方を兼ね備えています。
2020年のアカデミー賞では制作会社別で最多となる24部門でノミネートされました。初回1ヶ月無料です!
ただこちらも「気づくと朝だった」ということがありますので注意が必要です。
※アマゾンでよく買い物される方はアマゾンプライムもいいと思います!

 

4、 ゲームの応援をしてみる
とにかく応援したい人向け!
ご自身でゲームをやるのもいいと思いますが、最近ではeスポーツというプロゲーマーによる大会があり、ネット配信などで観戦・応援という行為ができる貴重なコンテンツとなっています。
アメリカでは賞金総額32億円という大会もあるようです。
ゲームをほとんどしない私でもプロゲーマーの方の卓越したプレイを見ているだけで爽快感を得られます。
とにかく応援をしないと気が済まないという方は是非。

 

5、 転職活動をしてみる
今後を見据えて!
在宅勤務の方が増えた影響もあり、これまでも活動していた方に加え、活動してこなかった方も動きが活発になっています。
皆さん今後の経済情勢などを見据えて改めてご自身が所属する企業の立ち位置などを考えていらっしゃる方が多く、これまで以上に応募する企業の特徴や長所を気にされている印象です。
我々も求職者さんが望む情報を提供できるようリレーションを深めていければと思います。

 

以上、休日の過ごし方でした参考になったかはわかりませんが、プライベートも充実させてお仕事のモチベーション・パフォーマンスを高めていきましょう。

最後になりますが、皆さん手洗いうがいを徹底し健康に気をつけていただければと思います。

オススメのIDEA-MAGAZINE

副業

text by Daichi Kiryu

「習慣2」

text by Masahiro Kitamura (CEO)
PAGE TOP